オナニー方法

おもらしオナニーや放尿気持ち良い!潮吹きプレイやり方との違いは?

 

おもらしオナニーをご存じでしょうか!?

一見ビックリするような名前ですが・・・オシッコの尿意をコントロールするかなりマニアックなオナニーです!

おもらしオナニーのやり方や、実際気持ちいいのか?などを調べました!

おもらし、放尿オナニーと潮吹きとの違いは?

おもらしオナニーについて知りたい方や潮吹きと放尿の違いを知りたい方、一風変わった気持ちいいオナニーについて知りたい方へ!

 

おもらしオナニーとは何?

 

おもらしオナニーとは、オシッコがしたい!という尿意をギリギリまで我慢して、限界に来たらおもらししちゃうことにより、快感を得るオナニーです。

 

もともと女性のGスポットは膀胱の裏にある為、Gスポットを刺激すると尿意を感じることはよくあること。

尿意があるのか感じているのか、ごっちゃになってよく分からなくなることもあります。

 

そのオシッコを出したい!という尿意を我慢することによって、自ら自分を焦らすことで快感を引き出す・・・という、かなり玄人向けのオナニー!

そんなものがあるのか?と初めて知った方も多いのでは?

 

SMプレイの一環として相手にオシッコを我慢させるおもらしプレイというものもあるそうです!

おもらしオナニーはそれを1人でする1人焦らしプレイとも言えるでしょう。

出したいのに出せない・・・という我慢の末にとうとう出てしまったら、やっと出せた!という解放感と共にいけないことをしてしまった・・・という罪悪感でまた快感を感じるのです。

 

なかなかハードプレイ!

かなりマニアックな嗜好のため、あまりメジャ-ではありませんが、視覚的にはなかなか迫力があるのでAVなどではSM的なジャンル以外でも時おり見られます。

おもらしでも潮吹きでも、下半身から勢いよく液体が出ている姿に興奮するのは一定数の男性が支持しているようです。

 

そして、このおもらしや放尿に強い快感を感じる女性もいます。

その快感を求めて、自分自身の身体の開発のためなどの理由でおもらしオナニーを試す人もいます。

SMプレイとしてではなく単純に気持ちが良いからしている人も。

 

おもらしオナニーと放尿オナニー違いは?

 

おもらしオナニーと放尿オナニー、この二つには違いがあるのでしょうか?

 

おもらしオナニーと放尿オナニーはどちらもオシッコが関わるオナニーですが、目的が違うのです!

 

  • おもらしオナニーは、基本的にオシッコを我慢して我慢して、最後の限界で思わず出てしまうもの。
  • 放尿オナニーは、オシッコを出すことが目的のオナニーです。

 

おもらしオナニーと放尿オナニー、最終的にオシッコを出すことは同じですが、単純にオシッコを出す気持ち良さを味わう放尿オナニーより、我慢に我慢を重ねてさらにおもらししてしまった・・・という背徳感まで味わえるおもらしオナニーの方がなんとなくレベルが高そうな気がしますね!

オシッコを出すということは単純に気持ち良いですよね。

 

それをさらに追及して、性的な快感にまで高めるのが放尿オナニーで、そこに至るまでをさらに楽しむのがおもらしオナニーということでしょうか。

どちらが良いとは一概に言えませんが、性に貪欲な方なら是非試してみる価値アリでしょう!

どちらも試してみて、より性癖にフィットする方を楽しんでみて下さい。

 

しかし、オシッコを出すという行為だけでこれほど奥深いとは・・・ヒトの想像力はもの凄いものだと実感させられます。

単純な快楽だけでは計れません!

 

おもらしオナニー潮吹きとの違い

 

おもらしオナニーって、潮吹きとどう違うのでしょうか?

だいたい、潮吹きで出る液体とオシッコは違うものなのでしょうか?

潮吹きの時に出る液体に関しては様々な説があり、ネットでもいろんな意見が散逸していて人によっても意見が異なったりしております。

 

潮吹きの時に出る液体を調べたところ、オシッコの成分はわずかながら含まれていることが分かったのですが、基本的にはオシッコと潮吹きの時に出る液体は違うとされています。

なので、同じ液体を出す行為ですがおもらしオナニーと潮吹きは全く違うと言って良いでしょう。

そして、上でも紹介したおもらしオナニーのやり方は、潮吹きをする為の行為とは全く異なるので、おもらしオナニーを行ったことで思わず潮を吹いてしまう・・・ということはほとんど起こりえないと思われます。

 

潮吹きは、潮を吹く行為自体に必ずしも快感が伴うわけではないので、その点で言ってもおもらしオナニーとは趣を異にするような気も。

もちろん、潮を吹くのが気持ち良くてたまらない!という方にとっては、潮吹きもおもらしオナニーも最終的に出すことによって気持ち良くなれるので、その点は一緒かも知れません。

 

多くの男性が潮吹きに憧れを持つように、視覚的には股間からオシッコなりなんなりがあふれ出すのが興奮を誘うのは確かなので、その見た目的な部分では大きくは違わないかも。

でも内容としては全く違うものなのです。

 

おもらしオナニーのやり方

 

さて、気になるおもらしオナニーのやり方です!

それは・・・我慢できるギリギリまでオシッコを出すのを我慢するだけ!

とっても簡単ですね~!?

 

おもらしオナニー、かなりマニアックなオナニー方法ではあるのですが、やり方はとっても簡単!

自分で自分を縛って、そのギリギリ具合を楽しむのです。

そして、その限界を超えた時にやってくる解放感!

最初は抵抗があるかも知れませんが、実際してみると頭で想像するより気持ち良くてクセになってしまうんです。

そして行うことが単純な分、応用範囲が幅広い!

 

シチュエーションプレイや妄想好きな人にはたまらないプレイでもあります。

SMプレイとしても有名な通り、ある層には人気のプレイなのです。

 

もちろん、安心して行う為にはお風呂場やトイレ、そしてベッドにペットシーツを敷くなど片付けが簡単な場所で行う必要がありますが、その他は自由。

下着のみや服を着たまま、オモチャを使っても良いしお好みの方法で楽しめます!

あらゆる妄想や想像を働かせて楽しむのも思いのまま。

 

幅広いアレンジが可能ですが、最初はお風呂で行ってみるのがおすすめ。

まずはこの解放感を味わってみましょう!

 

おもらしオナニー気持ちいいおすすめな方法

 

それではおもらしオナニーをさらに気持ち良くする為の方法をご紹介します!

おもらしオナニーを一番簡単、かつ後片付けも手軽に済ませたいならお風呂で裸で行うのが一番。

どんなタイミングでもらしても安心ですし、終わったら洗えばOKですからね。

シンプルで一番手軽です。

 

しかし、さらに上級の気持ち良さを味わいたいなら・・・。

着衣のままでのおもらし!

下着をつけたままや、さらにストッキングをはいたまま。

スキニーをはいたままなんてことも!

 

オシッコを我慢するのにも心理的な服を濡らしてはいけない!というストッパー的に一役買いますし、我慢できずにおもらししてしまった時は、オシッコで服が濡れてしまう感覚や皮膚に密着して

さらにオシッコの感覚を鋭敏に感じられるはず。

小道具としても、さらに深く感じるためにもとても優秀なアイテムです!

着衣のアレンジとして、コスプレも良いでしょう!

 

普段しない恰好で、さらに羞恥心をかき立てるおもらしオナニーをすることで興奮も高まります!

 

そしておもらしオナニーの更なるパターンとして、おむつしてのおもらしオナニー。

これはもうかなり上級な楽しみ方ですね。

コスプレにも通じるかもですが、おむつを使うという恥ずかしい行為にさらにおもらし、とあらゆる性癖を攻めてきます!

そしておむつをしていたらおもらしした時も気兼ねなく出来ますし、後片付けも楽。

利便性と機能性を兼ね備えています!

 

そして、これまた上級者向け。

それは、野外プレイ!

 

いくらなんでも・・・と躊躇してしまうかもですが、これがなんとおもらしと野外の親和性が高いのです。

そもそもおもらしオナニーは自分で自分を律していじめ抜いた上で快感を得るもの。

野外でおもらしなんて、絶対にダメ!と分かり切ったことだからこそ、それをしてしまった時の背徳感。

おもらしなんてしてはいけないのに、さらに外でなんて!と何重にも自分を縛ることによって興奮が段違いに!

そして外は他人の視線というスパイスも。

いや、絶対ばれてはいけないのですが。

 

でも、もしかして見られているかも・・・という不安がさらに新たな興奮に!

野外でのおもらしオナニーの時はおむつ必須です!

 

潮吹き・放尿オナニー体験談

 

とても気持ちよくて頭がおかしくなりそうな潮吹きにプラスしておしっこも漏らしてしまった時の快感と羞恥心はものすごい感覚です、そんなオナニーの体験談です。

潮吹きはあまりの気持ちよさの時にでてしまうものなので、体に電流が走ったような全身性感帯になったような色んな気持ちよさが集中して潮吹きしますよね。

そこに放尿がプラスされたら?どんな感じは想像できるでしょうか!

想像してもしきれないくらい気持ちいいのです。

 

おしっこ漏らすなんて恥ずかしいし気持ちよくないと思われるかもしれませんが、そんな事ないのです。

 

そんなオナニーのやり方は、私が潮吹きしやすい体勢は、上半身をうつ伏せにして下半身だけ浮かせてするオナニーなのです。

乳首責めではなく今回はクリトリス責めになります。

 

さっそく下着を脱いで用意するものは、ローションと振動を調整できるローターとタオルとバケツです。

桶の使用目的は、放尿した時用の受け皿のような役割のためです。

ベッドにタオルをひきます、その上に桶をおきます。

桶はお風呂で使うような平たいものがおすすめです。

 

そこへまたがるようにうつ伏せになります。

腰は浮かせます。

膣全体とクリトリスは重点的にローションを塗っていき、弱振動からクリトリスを刺激して勃起させていきます。

 

クリトリスが勃起してきたら、強めの振動に切り替えて、ぐっと押し当てて責めていきます。

この流れで徐々に私も枕に顔を押し付けて、だらしなくよだれを出しながらあえぎ声も駄々漏れでだらしなく喘いでいる頃になってきています。

始めに慣らしで軽く何回かイッたらそのあとは、クリトリスを極限まで焦らしてきます。

いきそうになったら止めてという寸止めプレイをしていって感度を高めていき、全身に電流がながれるtような感覚になったら、一気にローターを押し当てて潮吹きしてイキます。

 

これを2、3回していると喘ぐことも忘れてしまうくらいの快感とイクのが止められない快感とそして、放尿してしまうのです。

体の中の気持ちいいものがすべて外に出ていくような感覚はもの凄く気持ちがいいので病みつき、そして一気に放出される快楽の虜になってしまいます。

 

そしてオナニーが終わったあと用意していた桶に自分の潮や尿がはいっているのも恥ずかしさはもちろんありますが、こんなに出たんだ、あんなに気持ちよかったからだというなんとも言えない満足感があります。

私が潮吹きするのは、クリトリス責めか手マンでしかできないのでこういうオナニーでしたが、おもちゃを挿入して潮吹きできる人ならば、挿入プラスクリトリスも2点責めでもいいかもしれませんね!

ものすごい気持ちよくなれるオナニーなのでいつでもしていたいです。

 

おもらしオナニーメリット

 

おもらしオナニーのメリットは、基本的には簡単に道具も使わずにできること。

 

上にも書きましたが、お風呂ですれば後始末は簡単ですし、特別な道具もいりません。
簡単にはじめられるプレイでしょう。

そしてなんといってもこれでしか味わえない背徳感!

そして、我慢に我慢を重ねた上での開放感・・・。

かなり想像力も必要で、マニアックなプレイではありますが、その分特別な快感と達成感を味わえます!

 

そして、上にも挙げましたがプレイの幅が広いこと。

SMプレイとしても楽しめますが、それだけではなく色々な性癖に応用が可能。

色々と妄想が捗る人にとっては奥深いプレイと言えるでしょう。

おもらしオナニーが楽しめる方なら、パートナーともさらに発展したプレイができそうです。

 

相手におもらししてるところを見られる・・・などもまた新たな楽しみ方。

1人でしても気持ち良いおもらしオナニーですが、2人でするおもらしプレイもまたさらに快感の幅を広げてくれるのです!

 

おもらしオナニーデメリット

 

さて、逆におもらしオナニーのデメリットはなんでしょうか?

お風呂ですると楽、と書きましたが、逆にお風呂やトイレ以外だと後片付けが大変です。

 

オナニーはリラックスした状態でするのが一番なので、ベッドで寝ころんだ自然な姿勢でするのが好きな方も多いのでは?

 

おもらしオナニーだと、ベッドでするならある程度の水分がかかっても大丈夫なように防水シーツを敷いたりペットシーツを敷いたりして、寝具が濡れないように気を使わないといけません。

それはなかなか大変ですよね。

潮吹きの時も同様に、タオルを敷いたりと用意が必要ですがやっぱり布団にオシッコをするのはかなり抵抗があるもの。

 

安心しておもらしオナニーに集中するために、事前の準備でその不安感は払拭しておきましょう!

着衣でのおもらしオナニーもおすすめしましたが、洗えばよいといっても、これもまた抵抗があるかも知れません。

おもらしオナニー専用の下着や服なら躊躇せず行えるので、これもまた準備が必要でしょう。

 

服を着たまましてしまう背徳感に、服を着てるがゆえによりオシッコが肌を伝っていく独特の感覚を味わえるために、大変おすすめではあるのですが、これも準備と後片付けが大変。

幅広いアレンジ方法でいろいろ楽しみ方があるのが魅力ではあるのですが、どうしてもおもらしをするという性質上後のことを考えないと困ったことになります。

簡単に行えるのは良い事なのですが、後片付けのことを考えると少し面倒な部分があるのです。

 

おもらしオナニーの注意点

 

おもらしオナニーをする際に注意をしないといけないことがあります。

おもらしオナニーは限界ギリギリまでオシッコを出すのを我慢するので、あまりやりすぎると膀胱炎などになる可能性があるのです。

 

特に女性は男性よりも膀胱炎になりやすく、一度なるとクセになってしまうこともあるので充分気を付けて下さい!

対策としては、あまり頻繁にしないこと。

いくら気に入ったとしても、身体を害するおそれがあるので頻度には気を付けて下さいね。

 

おすすめプレイのひとつとして、野外でのおもらしオナニーをおすすめしましたが、外での排泄行為は禁止されています。

犯罪行為になってしまうのでこれも気を付けて下さい!

そして上にも書きましたが、行う場所は気を付けること!

お風呂やトイレなど、すぐに簡単に掃除できる場所なら良いのですが、ベッドやカーペットの上などは防水対策をしっかりしておきましょう!

匂いの問題もあるので、そういった後のことを事前に考えて行う方が良いでしょう。

 

おもらしオナニーや放尿気持ち良い!潮吹きプレイやり方との違いは?まとめ

 

おもらしオナニーや放尿気持ち良い!潮吹きプレイやり方との違いは?についてご紹介しました。

おもらしオナニーと放尿オナニーが似ているようで違うものであったり、潮吹きとの違いであったりとマニアックなだけでなくかなり奥が深いのです!

さらなる快感を知りたい方はぜひ一度チャレンジしてみて下さい!