家にある物オナニー

オイルオナニーやり方や使えるアイテム!油も気持ちよすぎる?

 

オイルをオナニーに使用する人は多いですよね。

油やオイルのオナニー方法ややり方は簡単。

ローションの代用品としても活躍してくれます!

どんなオイルや油が使えるのか、どの方法が気持ちいいのかも気になりますよね。

オイルオナニーやり方や使えるアイテムについて、油も気持ちよすぎるのか、メリットやオナニーに使えるオイルや油についてご紹介します。

 

 

油やオイルオナニーは気持ちいい!魅力

油やオイルオナニーは気持ちいい!魅力

オイルオナニーの魅力と言えばやっぱり普通のオナニーでは味わえない快感があることだと思います。

身近にあるもので料理する人ならば家には必ずある必需品なので手軽にできるオナニーの道具ともいえるでしょう。

適度な粘り気と体温で肌に溶けて馴染んでいく優しいテクスチャーとぬるぬる感はローション等では味わえない気持ち良さがありますよね。

 

塗るだけで気持ちよくなってしまう、マッサージとしても使えるのです。

敏感な部分にも優しく使えるので安心できますよね。

オイルによってはいい香りのものもあるので使っていると下半身からいい匂いがするなんて事にもなるし、それこど美容にいいオイルなんかですと保湿効果や美肌効果にもなるよというものもあるので様々なオイルでオナニーを楽しむことができるのが魅力だと思います。

 

オナニーに使える油やオイル13選

オナニーに使える油やオイル13選

たくさんある種類の中で気持ちよくなってしまうオイルを紹介します。

サラダ油、オリーブオイル、ハンドクリーム、ベビーオイル、クレンジングオイル、乳液、化粧水、トリートメント、馬油、卵白、ニベア、ワセリン、マッサージオイル、な様々なオイルやとろみがある化粧品や食品などもオナニーとして使えるのです。

 

オナニーに使える油やオイル ベビーオイルオナニー

オナニーに使える油やオイル ベビーオイルオナニー

ベビーオイルはほどよいヌメリと赤ちゃんにも使える無添加の優しいオイルです。

手に入れることも簡単で肌にもいいので使い勝手がいいオイルです。

 

乳首やクリトリスだけではなく男性器やアナルにまで幅広く使えるので全身に塗っていじりまくって全身で感じる事ができます。

塗り続けた所の感度は爆上がりしてしまうかもしれませんね。

どこに塗っても気持ちよくなってしまいます。

食品オイルと比べると粘度は少し落ちてしまいますが、後片付けも楽チンなので愛用されているかたも多いようです。

オイルオナニーやり方や使えるアイテム「ベビーオイルオナニー」について詳しく知りたい方はこちら

 

オナニーに使える油やオイル オリーブオイルオナニー

オナニーに使える油やオイル オリーブオイルオナニー

サラダ油やベビーオイルに比べて粘度が高い為、愛液でぬるぬるになった膣内に似た感じを再現できます。

ただ粘度の高さをは申し分ないのですが高いからこそ長い時間しようすると痒くなってきてしまう人も多いようです。

量と時間に気を付けながら使用しましょう。

 

またオリーブオイルも美容効果あるので適量ならば肌にもいいと思います。

純オリーブオイルはオリーブの独特な香りが強く使っているうちに気持ち悪くなってしまう人もいるので、味の素などから出ているエクストラバージンなどのオリーブオイルを使うといいでしょう。

オイルオナニーやり方や使えるアイテム「オリーブオイルオナニー」について詳しく知りたい方はこちら

 

オナニーに使える油やオイル キャノーラ油オナニー

オナニーに使える油やオイル キャノーラ油オナニー

キャノーラ油やサラダ油の特徴はかなり粘り気が高いということです。

ローションにより近い感触が楽しめます。

ローションは量のわりに高いものもあるのでサラダ油などならコスパもよくどこの家庭には必ずあるものなにで使い勝手もよく購入するのにも恥ずかしくありません。

 

なのでローションの変わりに使う人もいるくらいです。

オリーブオイルに比べて痒くなるといった事がないので多量に使うことができます。

 

ただ油の付いた手を洗うと分かりますが、なんといっても落ちにくいので後片付けが不便というのが少し考えような所ではあります。

それは粘り気が高いというところからきています、タオルや衣類に付着すると厄介なので注意が必要です。

先ほど入ったように痒くなる心配がほぼないので、女性はクリトリス責めや乳首責めに有効で、男性は亀頭責めや手コキに最適でアナルにも使えますし、オナホールの潤滑油かわりにも使えます。

オイルオナニーやり方や使えるアイテム「キャノーラ油オナニー」について詳しく知りたい方はこちら

 

オナニーに使える油やオイル ココナッツオイルオナニー

オナニーに使える油やオイル ココナッツオイルオナニー

ココナッツオイルは天然由来成分なので皮膚に優しく安全に使うことができます。

特に男性には手コキすることで最高の滑りなことからかなりの快感があり普段射精に時間がかかる人でもココナッツオイルでしこるとすぐにイッてしまうという快感です。

また体温で温められて体液のように感じるようになり、それもまた興奮してしまうと思います。

 

独特の甘い香りが媚薬のように気分を高めてくれてオイルは体温にほどよく溶けてエロさを増していきます。男性は亀頭を人差し指と親指で作った輪っかで責めていきます。

この時点でかなり気持ちいいですが、さらに手コキなどで感度を上げていきましょう。

女性は全身感じやすい人ならばマッサージのように肩や首筋なども塗っていくといいでしょう。

 

乳首から始めるのでも全然いいです。

あくまで愛撫する目的でオイルは使いましょう。

挿入するときには使わないように気を付けましょう。

オイルオナニーやり方や使えるアイテム「ココナッツオイルオナニー」について詳しく知りたい方はこちら

 

オナニーに使える油やオイル クレンジングオイルオナニー

オナニーに使える油やオイル クレンジングオイルオナニー

ベタベタ肌にくっついてくる感じが好きじゃないとかほどよい滑りが欲しいなというときにオススメのクレンジングオイルです。

クレンジングオイルには粘度の低いものが多く滑らかなテクスチャーのものが多いので優しい気持ち良さを楽しむことができます。

美容用品なので使用したあと肌がペニスが乳首がしっとりしたツルツルになった気がするという美容効果まであるのです。

 

種類が多いことと、安いものがなかなかないので頻繁に使うとコスパ良くないかもしれませんね。

化粧品を落とすものなので敏感な場所に使うと、痛みや痒みを感じる場合もありますのでそういうときは使用を止めてすぐに洗い流してください。

 

クレンジングにも無添加ものや、水を多く使って作ったものもあるので肌が弱い人向けのを使うと安全面の心配も少しは減ってくれるかなと思います。

個人的のはカウブランド無添加メイク落としオイルなどがオススメです。

優しいテクスチャーのオイルで敏感な所を刺激してみましょう。

オイルオナニーやり方や使えるアイテム「クレンジングオイルオナニー」について詳しく知りたい方はこちら

 

オナニーに使える油やオイル ヘアオイルオナニー

 

ヘアオイルを使うのはかなりマイナーですが滑りの良さが最高でそして香りも良いものばかりです。

これをオナニーに使ったら最高に気持ちよかったと思えるほどの滑りの良さなのです。

ニュルニュルねちょねちょを楽しむことができます。

指先が流れるように乳首をクリクリと愛撫胸を強く揉みもみしても乳輪から乳首を刺激しても、流れるようにペニスをしごいても亀頭を愛撫してもなにしても気持ちよくなってしまうヘアオイルの凄さです。

 

終わったあとは下半身からいい香りがしますよ。

男性が使うとき好きな女性と同じヘアオイルを購入してみたり、こういう匂いしてる女性が理想的という香りを購入してみて使ってみればその女性とエッチな事をしている気分にもなれるかもしれないですよ、

匂いが媚薬効果を生んでエッチな気分になるのは間違いなしですね。

オイルオナニーやり方や使えるアイテム「ヘアオイルオナニー」について詳しく知りたい方はこちら

 

オナニーに使える油やオイル 馬油オナニー

 

馬油とは動物性の油のことでシャンプーなどに使われている事が多いです。

肌に優しいので敏感肌の人でも安心して使うことができます。

ローションよりも気持ちさらさらしていて馬油を塗った所を重点的に愛撫してあげれば気持ちよくなれます。

だた他のオイルと比べて値段は高めなので頻繁では使えないですしたくさん購入できるものでもありません。

 

特別なオナニーにリッチなオナニーがしたいときのアイテムとして使ってみましょう。

また油っぽさがすごく感じられるのでヌメヌメ感が足りない時などにオススメです。

驚いてしまうほど体がテカテカになるのでAVなどでみるテカリが再現できて見た目のエロさは最高です。

これを鏡で見ながらオナニーすればムラムラ間違いなしですね。

ペニスもおっぱいもみんなテカテカにしてオナニーを楽しみましょう。

オイルオナニーやり方や使えるアイテム「馬油オナニー」について詳しく知りたい方はこちら

 

オナニーに使える油やオイル ハッカ油オナニー

オナニーに使える油やオイル ハッカ油オナニー

ハッカ油はドラッグストアで購入できて500から1,000程度で高価なものではありません。

使い方としては、水やローションに1~2滴ほど垂らし馴染ませ性器に付けていきます。

原液では絶対に使わないで下さい、気持ち良さはなく激痛です。

特に尿道は激痛を通り越すくらいの痛みなので危険です。

 

ハッカ油オナニーは普段感じることないスースーした清涼感を味わえます。

オナニーには絶対無いのでいつもと違うオナニーをしてみたくなった時にいいですよね。

冷たい感じスースーした感覚で突き抜けるような感じを体験できます。

皮膚感覚が敏感になるので男性は射精したときペニスがビクンビクンと脈打つ感じがありますよねそれを強烈に感じられます。

 

感度が高まるとかそういうのとはちょっと違うので敏感なところにぬって気持ちよくなれる人とそういうのじゃないと別れるかなと思います。

乳首やクリトリスに塗るときはすごく薄めに作っておきましょう、濃いとただただ痛いです。

息を吹き掛けただけで感じてしまうくらい敏感な人はこのスースーした感じに大きく反応してしまうかもしれませんね。

オイルオナニーやり方や使えるアイテム「ハッカ油オナニー」について詳しく知りたい方はこちら

 

オナニーに使える油やオイル ワセリンオナニー

 

ワセリンでのオナニーはローションより気持ちよくなれます。

ワセリンはローションよりも滑りがよく、ぬるぬるさが長続きします。

いつまでもヌルヌルしているので、追加でたくさん使う必要がありません。

 

また元々保湿剤なので保湿効果抜群で、乳首やアナルやペニスに使っても痛くなる心配もありません。

購入しやすく赤ちゃんにも使えるので大概の人が肌に合わなかったという事が起きづらいです。

また掃除も楽なので片付けにも困りません。

手の温度や体の温度でほどよく溶けてくれるのでいい滑りを持続してくれます。

 

保湿してくれるので射精したあとペニスをごしごし洗ったりする必要がなくワセリンが残っても保湿していってくれます。

デメリットはゴムとの相性が良くなくてゴムを破いてしまう場合があります。

ワセリンの成分はゴムを溶かしてしまいます。

 

なのでゴムを使用してオナニーやセックスをする場合はワセリンではなくローションを使って下さい。

またオナホールで行うときは中にワセリンがついてしまうと洗うのが大変です。

なかなか落ちないのでオナホールの時もローションを使って下さい。

不純物が少ない無添加で安心安全のワセリンは白色です、肌が弱い人や初めてワセリンを使う人は白色のワセリンにしましょう。

オイルオナニーやり方や使えるアイテム「ワセリンオナニー」について詳しく知りたい方はこちら

 

オナニーに使える油やオイル ハンドクリームオナニー

 

ローションの変わりになるものでオナニーをというときにオススメなのがニベアクリームです。

缶タイプ、チューブタイプそれぞれあると思いますがどちらでも大丈夫です。

よく馴染みやすく滑りもよく、愛液と混ざったら良い効果が生まれます。

 

保湿力が高いので乾燥している部分に塗ると舌で愛撫されているような感覚になりすごく気持ちいいです。

なので乳首に塗り続けてみたら乳首だけで何度もイケます。

たっぷりぬって優しくそーっと塗ると他人に舐められている感覚に気が狂いそうです。

男性のペニスを手コキするときにも使えますよ、クリームをペニスに塗ってクチョクチョ音を出しながらしごいてあげましょう。

クリトリスにも塗れることは塗れるのですが、かぶれや雑菌繁殖の原因となる場合があります。

購入するのは簡単でドラッグストアでもコンビニでも購入できますし結構値段も低価格です。

普段使いもできるので購入しても違和感もなにもありません。

 

元々保湿や乾燥、肌荒れ防止の物なのでボディケアもできます。

ハンドクリームは手に塗るためにあるので、性器や陰部に塗るときは細心の注意を払っておきましょう。

オイルオナニーやり方や使えるアイテム「ハンドクリームオナニー」について詳しく知りたい方はこちら

 

オナニーに使える油やオイル 乳液・化粧水オナニー

 

実は乳液もローションのかわりとして使えるのです。

化粧水の後につける乳液はとろみのあるテクスチャーがほどよい刺激になります。

乳液は肌に水分と油分も与えてくれるのでトロトロヌメヌメな感じがオナニーに向いているようです。

 

男性が亀頭オナニーをするとき実はローションを使うよりもオイルとかを使用したほうが効果的なのです、なので乳液も効果的であり、あまり激しくしないで優しく愛撫していきます。

またスローオナニーといって小さな刺激を時間かけて与えていきぞくぞくするような刺激を与え続けていくのです、その時に乳液はちょうど良い水分とととみが快感を与えてくれます。

30分くらいかけてゆっくりオナニーを楽しみましょう。

 

化粧水はしゃばしゃばなのが多いと思いますがそのなかにもローションタイプの化粧水やとろみタイプなどがあり、そういうのはとろとろしていて使うと肌がしっとりします。

乳液ほどとろみはないかもしれませんが、とろみある化粧水も同様の使い方ができますよ。

使い終わった後は必ずすぐに洗い流してしまいましょう。

保湿と思うかもしれませんが、炎症の原因になりますので、キレイに洗い流しましょう。

 

オイルオナニーやり方や使えるアイテム「乳液オナニー」について詳しく知りたい方はこちら

オイルオナニーやり方や使えるアイテム「化粧水」について詳しく知りたい方はこちら

 

オナニーに使える油やオイル マッサージオイルオナニー

 

マッサージオイルはローションのような粘り気はないものの肌の潤滑力を高めてくれるので気持ちいい快楽を与えてくれます。

市販のものでも十分気持ちよくなれますがアダルト用として販売されているものの方がオススメです。

ホットアロマオイルとかを使うとリラックス効果に加え媚薬効果もあるのです。でも肌につけるものだから荒れないか心配という人もいると思います。

 

そういうときは無添加のものやボタニカル商品のものもあるので結構選びやすく安心ですよ。

マッサージ用としてでているオイルならば使っていると体が暑くなってきて発汗していくので、そういうのも体温が上昇して感度が高まると言われています。

男性にも女性にもどちらにも難なく使えるのでかなりオススメです。

全身に塗って自分の体がオイルまみれになっていく姿は本当にエロスで甘美的です。

せっかくのオイルなので体の全てを愛撫しましょう。

 

媚薬効果があるオイルなら乳首を触るとき強く触っても気持ちいいくらいです。

コリコリで足りなくなったら弾いてみたり挟んでみたりしてください、ものすごい快感ですよ。

男性も亀頭から感度を高め手コキしてもいいしアナルを愛撫してあげてもいいし玉袋や裏スジも余すことなく刺激できます。

男性女性共に確実に気持ちよくなれて最高のオナニーができることでしょう。

 

 

オナニーに使える油やオイル 卵白オナニー

オナニーに使える油やオイル 卵白オナニー

卵の卵白の部分を使ったオナニー方法です。

卵白と黄身を分けます、分けたばかりの状態ですとどろっとしていて手でつかんでもうまく掴めないような感じですが、これを泡立て器などで軽く混ぜ合わせると白く濁っていきぬるぬるしたローションに近い感じになっていきます、オナニーではこれを使用していきます。

卵白は実は美容効果もあると言われており女性の毛穴パックなどに用いられることがあります。

 

主に男性の手コキオナニーに向いているのですが女性も乳首オナニーをするときなどに使用できます。

卵白をパックとして利用したことがある方ならわかりやすいですが、時間がたつと乾いてきてしまいシールの粘着面のようにカピカピした感じになっていきそこまでいってしまうと使うのにも痛いかもしれません。

なので長い時間使用するには向きません、短時間で射精できる人向けになります。また黄身は使えないの?と思うかもしれません。

 

全卵使うことも可能ですが、黄身があるときのデメリットとしまして、黄身が衣服やタオル、シーツなどに付着したとき色がついてしまう為後処理が大変になってしまいます。

また黄身を含むとぬるぬるさが少し緩めになるので水分多いローションのようになり少しぬるぬるさに物足りなさが生まれてしまいます。

また卵アレルギーの人は食べないから大丈夫というわけではありませんので使わないほうがいいと思います。

オイルオナニーやり方や使えるアイテム「卵白オナニー」について詳しく知りたい方はこちら

 

油やオイルオナニー乳首にも!やり方や方法

 

油やオイルは肌に塗ったとき体温でほどよく溶けて馴染んでくれます。

なのでのびもよくとろみのある優しいテクスチャーで乳首を刺激してくれます。

またオイルを全身に塗ることでAV女優がオイルまみれにされているようなエロさが自分自身でも体験できますし、オイルのほうはアロマオイルやホットオイルなんかを使うことでリラックスした良い気持ちになれるし、媚薬効果が出てきたりと体温や感度をあげてくれる最強のオナニーのお供です。

 

乳首をいじる時は、胸を後ろから揉みあげるようにしてオイルを付けながら触っていきます。

いきなり乳首を刺激してもいいですが、まずは乳輪から丁寧に円を書くように刺激、乳首が勃起してきたら指先でコリコリ、親指と人差し指で挟んでコリコリ。

指4本で上下させてコリコリ、引っ掻くように弾くように愛撫、指の腹で押し込んでグリグリ。

第2間接の骨でコリコリさせたり指のあらゆるところを使って愛撫してみてください。

 

油やオイルオナニークリトリスやちんこも気持ちいい

 

体温でほどよく溶けたオイルが肌に密着してとろみのあるぬるっとした感じが感度をあげていきます。

クリトリスは敏感なのでオイルをつけてオナニーしたら気がおかしくなってしまうくらいの快感があります。

手にある程度オイルを垂らして手を洗うときのようにまんべんなく馴染ませていきます。

クリトリスに直接オイルを垂らしてもいいです、しかし膣内に入り込まないよう気をつけていきましょう。

 

いくら気持ちよくてもいきなり包皮を剥かずクリトリスが勃起するまでこすったりコリコリして感度をあげていきます。

勃起してきたら包皮を剥いて優しく愛撫していきましょう。

 

ペニスもいきなり手コキしても気持ちいいですが初めはやはり亀頭責めからしていきましょう。

ペニスだけではなく体全体の感度をあげるのも気持ちいいですよね。

亀頭は優しく触れてあげます。

指で輪っかを作り優しくこすってあげたり、オイルをたくさん使って手のひらで円を書くように動かしたりします、完全に勃起してきたら手コキの出番です。

手にオイルをつけて裏スジや玉袋なども刺激しながら手で上下にしごいていきます。

 

強弱をつけたりしてもいいですよね。

オイル効果で射精したあとも気持ちよくてしばらく動けないかもしれないですよ。本当にそれくらい気持ちいい感じられます。

 

油やオイルオナニーのメリット

 

通常のオナニーでは感じられないほどの快感を味わうことができます。

塗るとテカテカした体になるので塗るだけでもエッチな気分になれます。

オイルの優しいテクスチャーととろみのお陰で敏感な部分を時間かけて愛撫できます。

少しくらい強めに愛撫しても痛くなりづらいです。

敏感な部分を集中的に愛撫できます。

 

オイルのおかげで性器が敏感になり感じやすくなるので楽しいです。

ベビーオイルやサラダ油は家にあるものなので気軽にオナニーができコスパがいいので経済的です。

オイルによっては美容効果もあるのでオナニーしながら美容に貢献なんて一石二鳥なこともあります。

 

油やオイルオナニーは家にあるものでできる

 

家にあるものでできます。

サラダ油でしたら比較的ローションに近くて使いやすいです。

なので代用品として使用する人もいます。

家庭にあるものの1つですし、購入するのも簡単で安いので最適です。

オリーブオイルも料理する人ならば家にあるものですよね、なので使えます。

サラダ油より粘度が高く、愛液と混ざると膣内に似たような気持ちよさが味わえます。

 

ただ粘度が高いことで痒みが出てしまう方もいるので純オリーブオイルより洗礼されたエクストラバージンのほうを使うと相性はいいでしょう。

 

ベビーオイルもどこでも購入できるので家にあるよって方も多いのではないでしょうか。

特に女性は髪の毛やメイクにも使えるので持っている人は多いと思います。

 

ほどよいヌメリがあり、無添加で肌に優しいです。

後片付けもオイルに比べると断然楽で簡単です。痒みなどが起こる心配もあまりないので楽しんで使用できます。

 

油やオイルオナニーでエッチな気持ちに

 

塗るだけでエッチな気分になってしまうのがオイルの素晴らしい事です。

誰しもAVで一度は女性がオイルまみれにされて愛撫されている所を見たことがあるのではないでしょうか。

 

あのような感じに自分もなれるので全身鏡とかが自宅なあれば塗っていく自分、体がオイルまみれでテカテカになって変わっていく姿を見ながらオナニーしたらもうすごいエッチな気分になるのは間違いないでしょう。

 

またマッサージオイルやアダルト製品のホットアロマオイルなんかを使ってみると塗っていく度にオイルが温かくなっていき、また体温でオイルが肌に馴染み溶け込んでいくのでそれらが媚薬効果を生み、全身の感度そして敏感な部分の感度は最高潮に達してしまうでしょう。

ちょっと触っただけなのにちょっと息がかかっただけなのに、ちょっと擦れただけなのにそれだけで体は反応して仰け反ってしまいます。男性も同様にそれだけで射精してしまうでしょう。

 

油やオイルオナニー気持ちよく刺激できる

 

気持ちよく、気持ちよすぎるくらい刺激できます。

オイルの良いところは乾きづらいところです、ローションはヌメリは良いものの時間がたてば乾いてきてしまうし少量ではあまり意味ないということが多いですが、オイルは少量でも延びてくれるし時間がたっても乾かないのでいいですよね。

 

  • 敏感な部分を集中的にいじれるので乳首だけでいっぱいイキたい
  • クリトリスだけでおかしくなってみたい
  • 男だけど乳首だけで気持ちよくなりたいアナルでイキたい
  • 手コキでペニスをオイルまみれにして射精したい

 

というように全体を刺激するのはもちろんいいですがピンポイントでここをいじりたい感度を高めたい、ここだけでイキまくってみたいという時にオイルはおすすめなのです。

 

オイルオナニーやり方や使えるアイテム!油も気持ちよすぎる?まとめ

 

もし指とかを挿入するとなるとオイルを挿入するのは危ないので気を付けていきましょう。

オナニー用に使うためにあるわけではないので膣内に入る事や尿道に入る事を想定しているわけではないので危ないと思います。

挿入タイプのおもちゃを使う時はオイルではなくてローションを使う事をおすすめします。

クリトリスや乳首にはローターを使うといいと思います。

その時にクリトリスや乳首にオイルを着けてその上からローターを当てて快感をえてもいいですし、ローターを当てるだけではなく擦り付けたりしてもオイルのほどよいぬるぬるさを利用して気持ちよくなれます。

オイルで感度があがった体におもちゃでさらに刺激を与えると、女性も男性も潮吹きしてしまうくらいの快感を与えてくれます。

オイル次第でテクスチャーも変わりますし、体温での溶け方やのび方も変わってくるので自分の好きなオイルや油を使ってみたり使い分けたりしてみるのもいいかと思います。