ラブローション手作り代用品!作り方・無害なもので作る方法は?

ラブローション・手作り・代用品・作り方・無害・作る・方法 その他ラブグッズ

 

ラブローションは、潤滑ゼリーなどと呼ばれているラブグッズです。

一般的に想像するようなローションとは違い、膣内に使えるところが魅力的。

しかし、ラブグッズを購入するのは敷居が高いと考える人もいます。

ラブローションは手作りできる?作り方や代用品は?

できるだけ無害なもの、危険性がないもので作りたいですよね。

ラブローション手作り代用品!作り方・無害なもので作る方法は?について紹介します。

 

ラブローションは手作りできる?簡単?

ラブローションは手作りできる?簡単?

ラブローションを購入するのが恥ずかしい。しかし、どういうものなのか少しだけ試してみたい。

この場合、似たものを手作りすることができます。

 

もちろん専用のものではないので代替品にはなりますが、お試し体験ができるのはうれしいですよね。

また、ネットではさまざまなレシピも公開されていて、結構賑わっているんです。

 

ラブローションの材料・無害なもの

 

ラブローションは、精製水やグリスリンを使って作られることが多いです。

他には、最も手軽な物として片栗粉も人気です。

片栗粉は、あの独特のとろみが気持ち良いと評判が良いんですよ。

 

他には、とろみの付いている化粧水やオールインワンゲルなどを使用するケースも。

 

美容液や化粧水を混ぜて使うこともできます。

好みによっていろいろ選ぶことができるのも、良いところですね。

 

また、デリケートな部分に使うものなので、基本的に無害な材料を選ぶようにしましょう。

片栗粉や小麦粉を使う場合はアレルギーの有無にも注意してくださいね。

 

ラブローションを作る手順と方法・作り方

 

まずは、最も簡単な片栗粉ラブローションを紹介します。

 

  1. 水200mlに片栗粉小さじ2を入れて、お鍋で煮詰めていくだけ。
  2. 好みの粘度になったら火を止めて、粗熱を取ります。
  3. 後は瓶などに入れるだけなので、とても簡単です。

 

次に、美容液と化粧水を混ぜるローションです。

美容液の中でも、粘度の高い物を用意するのがポイント。

100円ショップなどでも販売されています。

 

後は瓶の中に美容液を入れて、少しずつ化粧水を入れてシェイクするだけ。

これだけでとろりとした手作りラブローションが完成します。

 

ラブローションの代用品はある?

ラブローションの代用品はある?

ラブローションの代用品になるものは、いくつかあります。

例えば、とろっとしたテクスチャの美容液。

女性は持っている方が多く、潤いが足りない時に使うケースも少なくはありません。

 

他にはシャンプーリンス、ボディソープなど洗剤系。ベビーオイルやクレンジングオイル、オリーブオイルなどオイル系もあります。

 

ただし、それぞれあくまで代用品。

もちろんデメリットもあるので、注意しなければなりません。

 

ラブローション手作りのメリット

 

ラブローションはそれなりのお値段がするものです。

しかし、手作りならそのコストを抑えることができます。

 

例えば、よく紹介されている定番の片栗粉ラブローション。

使用するのはほんのわずかな片栗粉なので、コストはほぼゼロに近いです。

 

また、毎回こまめに手作りすれば衛生的という点も魅力的。

特に普段あまりローションを使わない方でしたら、持て余してしまうことも多いですよね。

その点手作りなら、自分に合った量を毎回作ることができます。

 

ラブローションを手作りするデメリット

 

ラブローションを手作りするデメリットは、複数あります。

まずは、どうしても作るのに手間や時間がかかってしまうという点。

簡単なものなら楽ですが、それでも一切かからないというわけではありません。

 

また、材料によっては肌荒れしてしまう可能性があります。特に気をつけたいのが、女性ですね。

女性は、ボディソープやシャンプーなどを、ラブローション代わりに使う人が結構います。しかし、膣内の細菌バランスを壊してしまい、炎症を起こす可能性があります。

こういったデメリットもありますので、十分に調べる。

もしくはネットなどで本物のラブローションを購入するのがおすすめです。

 

ラブローション手作り代用品!作り方・無害なもので作る方法は?まとめ

 

ラブローション手作り代用品!作り方・無害なもので作る方法は?について紹介しました。

ラブローションは膣内の滑りを良くしたり、マッサージに使えたりと便利なアイテムです。

自作するのも楽しいですね。

アロマオイルを入れて香りを良くしたりするのもおすすめです。

しかし、その一方で肌荒れや炎症などの危険性もありますので、十分に注意しましょう。