筆オナニーのやり方と方法・ローションと使うと気持ちいい?男・女の仕方

筆オナニー・やり方・方法・ローション・使う・気持ちいい・男・女・仕方 家にある物オナニー

 

習字用や水彩画用、メイク用など様々な筆があります。

そんな筆でオナニーをする方法

ローションを付けると気持ちいい?

男や女の仕方や方法、やり方は?

筆は最適な道具なので普段のオナニーに取り入れてみて欲しいと思います。

筆オナニーのやり方と方法・ローションと使うと気持ちいい?男・女の仕方について紹介します。

 

 

筆オナニーとは?

習字用や水彩画用、メイク用などの筆を使ってクリトリスや乳首などを刺激して快感を得るオナニー方法です。

プレイとしても使えます。

手軽に購入出来ることから意外とメジャーなオナニーだと言われていて筆にも色々な種類があるので多様な刺激を与えることができる楽しいやり方です。

 

筆オナニー女のやり方・方法

女性は主に乳首やクリトリスを刺激してオナニーをします。

初めは優しく撫でるように、さわさわするように刺激していきます。

乳首が気持ちよくなってたってきたり、クリトリスを撫でるように愛撫したりすると、

 

もっと気持ちよくなりたいと感じてくると思うのでそうしたら、クリトリスの包皮を少しめくって直接撫でてみてください。乳首も指を使いながら行うとすごく気持ちいいですよ。

例えば二本の指で乳輪を少し広げながら乳首は筆で撫でると思わず声が漏れてしまうでしょう。

 

クリトリスを刺激するときは小さい筆を選ぶと集中的にいじれます。短時間で激しい刺激が欲しい時は細めの筆を使用して、すぐにイってしまうのではなく、焦らされているような感覚を味わいましょう。

挿入することも可能ですが、筆の繊維が膣内の中に残らないように細心の注意を払って挿入してみてください。

でも筆はかなり細いものですので、挿入して大きな快感があるかと言ったら、そこは人それぞれになってしまうかもしれません。

入口で快感を感じる事ができる人だと気持ちいいかもしれませんね。

 

筆オナニー男のやり方・方法

 

筆を2本用意して両乳首を撫でるように刺激します。

女性から同時に舐められているような感覚になって気持ちいいです。

また筆にローションを染み込ませて乳首を撫で上げると男性でも思わず「あんっ」と声が漏れてしまうほどの快感です。

金玉やアナルや亀頭にも効果的で、男性はローションを染み込ませた筆のほうが快感を得られそうなので、これを丁寧に舐められている事を想像しながら筆を当てて愛撫していきましょう。

 

乳首イキできる人は、のけぞるくらいの快感を得られますし、乳首イキできないよという人でも乳首をペニス、亀頭をアナルなど2つ責めに挑戦してみてください。

きっとものすごい快感を感じることができると思います。

 

筆オナニーローションと使うと気持ちいい?

ローションの種類を買えることで多様な気持ちよさを味わえます。

冷感(クール)ローションを使うと、スースーした爽快感とヌルヌルが合わさってひんやりしているのに気持ちいいと感じます。

ホットローションを使えば乳首やクリトリスも亀頭も徐々に熱を持っていく感覚が、感度が上がって体が熱くなって来たときのような感覚になるので気分的にも上がります。

 

またお風呂の湯にローションを入れてとろとろのローション風呂にする事ができるタイプだと体に絡み付くローションと筆での愛撫でより一層体全体の感度を上げてくれます。

ローションにも柔らかめや水っぽい感じや硬めなどもありますし、ザーメン似などのマニアックなものまであるので使い分けてみてチャレンジしてみるのもいいかなと思います。

ただつけすぎると筆の感触が無くなってしまい勿体ないのでつけすぎには注意しましょう。

ただ男性は特にローションを使う事でおかしくなってしまうほどの快感があるのでおすすめです。

女性もクリトリス責めしたいならば使う事をおすすめします。

 

オナニーに使う筆の選び方

太さ硬さ、毛の種類や毛の長さなど用途に合わせて種類は様々あります。

筆先が揃った物や細いものは乳首やクリトリスを刺激するのに向いています。

素材が硬めでツンツンしたものは痛気持ちいい刺激を与えることができます。

 

太筆は太くて柔らかいので背中や首筋などの広いところを撫でて刺激できます。

クリトリスや乳首責めのおすすめは、水彩画平筆や丸筆、メイク筆などがおすすめです。

電動筆というものもあって肌に使うものなので細くて柔らかい優しい作りです。

自分で動かしたくない人や人の力では味わえない細かい刺激が欲しい人に最適です。

 

筆オナニーのメリット

初心者が知識なくアダルトグッズを使用するとうまく扱えず刺激が強すぎて痛くなってしまったりすることがありますが、筆はそういうことがおきないので痛くなってしまう心配がなくソフトタッチで刺激も丁度良く性感帯開発にも向いています。

肌触りがよく痛みが少ないのが特徴です。

初めはくすぐったいと感じる人の方が多いと思いますが、それが徐々に快感に変わっていくのです。

 

筆の種類も多くて自分にあった筆を探せますし、コスパがいいので合わなくても心置きなく処分できるのもメリットです。

筆の数だけ違った快感を楽しめます。

 

筆オナニーとおすすめな組み合わせ

 

乳首責めやクリトリス責め用のアダルトグッズを使用するのも1つです。

乳首用ならば、UFOSAというおもちゃがありこれを使用しながらクリトリスにはローション染み込ませた筆で刺激してみたり、クリトリス用のクリエッグというクリトリスに被せて、筆ではチクニーしてみたり、挿入できるバイブを入れてGスポットを刺激しなからクリトリスに乳首に筆というやり方もあって、おもちゃと組み合わせて刺激するといいと思います。

 

ローション以外で使えるものはベビーオイルです。

オイルなので使い終わった後の掃除は手間がかかりますが、ローションで万が一肌に合わないということがある時にベビーオイルを使うのもいいと思います。

 

筆オナニーデメリットはない?

 

新品のものや使用後の乾燥した筆はカチカチでそのまま使用するのは困難です。

カチカチなので肌を傷つけてしまいますし、デリケートなところなので気を付けなければいけません。

使う前にしっかり水で濡らして解しておきましょう。

独特の刺激なので、ハマりすぎたり刺激しすぎたりすると今後ノーマルな刺激で感じなくなってしまう恐れもありますので、適度な頻度で行いましょう。

 

筆オナニーでSMプレイにも

 

SMプレイの一貫として筆を使うことがよくあります。

Sの人がMの人の乳首やクリトリスを責める時に使っていたり、パートナーとのプレイでも焦らしたい時に使えますが、筆を使って刺激してみたいと相手にちゃんと許可をとって理解を得てから使ってみましょう。

市販ではスーパーでも今やコンビニでも100円ショップでも購入できるものですが、SMグッズとしても販売されており最近ではメジャーな存在になってきているようです。

アダルトグッズ自体が数千円から数万円するものですし置場所に困るとか振動音が気になってしまうなどの悩みがあるなかで、筆なら置場所にも困らないし音の心配もないので誰が買っても違和感ないので使いやすいです。

 

筆オナニーの筆お手入れ方法

 

使用後に洗うときは、石鹸などを使わないでください。

石鹸を使ってしまうとごわごわになってしまったり劣化してしまう原因にもなります。

ぬるま湯で優しく揉み解しながら汚れを落とす感じで洗いましょう。

それでも汚れが気になってしまうようでしたら髪に使うシャンプーを少量使用しよく洗い流しましょう。

 

タオルでしっかり筆を絞り水気を切ったらその後風通しの良い日陰で吊し毛先を下にして乾燥させてください。

水分が残っていると雑菌が繁殖し次に使うときにデリケートな部分への刺激で炎症がおきたり雑菌が入り込んでしまう可能性もあり危険を伴います。

 

筆オナニーのやり方と方法・ローションと使うと気持ちいい?男・女の仕方まとめ

 

筆オナニーのやり方と方法・ローションと使うと気持ちいい?男・女の仕方について紹介しました。

筆オナニー自体はやり易くて手出ししやすいので指やおもちゃでオナニーするのとは別の事をしてみたいと思っている方にもおすすめです。

最適な道具なので普段のオナニーに取り入れてみて欲しいと思います。