秘め妻6巻ネタバレ・漫画の感想!ひめづま・コミックシーモア

秘め妻6巻、ネタバレ、感想 漫画

 

今回は「秘め妻(ひめづま)」6巻のネタバレ・感想を紹介していきます!

この漫画は全ページがフルカラー!

原作はonzum先生、作画はnaru先生で、作画だけでなくストーリーも先が気になる展開が続きす。

前巻(5巻)では、人妻・友佳梨との外泊で不在なのをいいことに、慎の母親・美羽と食事をした後に家に上がり込んだ靖也

美羽と靖也の間に、なにか起こるのでしょうか…?

それでは、気になる「秘め妻」6巻のネタバレを早速紹介していきます。

感想・あらすじも併せてどうぞ♪

 

 

秘め妻6巻ネタバレ・感想・あらすじ

秘め妻6巻
画像出典 コミックシーモア

 

友佳梨とナカ出しセックスをしている慎ですが、以前とは違って外泊していることを気にして、母に連絡を入れるようになりました。

その頃、靖也は美羽がシャワーを浴びている最中に、バスルームの中に勝手に入っていきました。

「どうしてもトイレに行きたかったので…」とシャワーの隣にあるトイレを使おうとしますが、そのときに勃起している様子を見せつけて、美羽に意識させようとします。

 

シャワーから出た美羽は、気まずくならないように優しく諭しながら会話をしますが
靖也は「同年代の女の子が苦手で、美羽さんがキレイだったので…」としおらしい態度で、美羽の母性本能をくすぐる作戦に出ます。

美羽は流されやすいはずだと思っていた靖也は、そのまま同情を誘い、一度きりの約束でフェラをしてもらうことに。

 

初めてのフェラで決して上手くないのですが、慎の母親にシてもらっているという興奮で靖也は美羽の口の中に発射。

しかも、それを飲んでもらいます…!

フェラだけでは治まらない靖也は、「慎にも絶対に言わないから」と最後までセックスしようと誘い、またしても美羽は流されてしまい、寝室へ。

 

美羽は…

♡キスは絶対にしないこと
♡ゴムは使うこと

という条件で、靖也に抱かれることになり…。

 

秘め妻6巻 美羽が流されやすすぎる…!

 

まさか美羽が靖也にこんな簡単に流されるなんて意外でした!

靖也の周りにいた、セックス好きの人妻たちと美羽は少し違う気もするので慎の親友が相手なのでどうしても断りきれなかったのでしょうか?

 

フェラをしておきながら、キスをするのはダメというところに。美羽の乙女心っぽいものが見え隠れしていますよね。

なんだか可愛いなぁ〜と、美羽のことがちょっと好きになりそうです♡

押しに弱そうなので、この先も美羽は流されていくのか、美羽と靖也とのことが慎にバレるかどうかも心配になってきます。

 

秘め妻6巻 靖也の考えは一体…!?

 

6巻のラストで美羽に挿入する前、靖也の心の声として

♥古いゴムだから途中で破れて好都合
♥好きなだけ美羽を汚そう

というようなことが描かれています。

 

この辺りの描写が気になりますね。

ゴムが破れるのが好都合、というのは妊娠させたいということなのでしょうか…?

美羽を汚したいと思うのも、慎に対して何か思うところがありそうな気もしますし
靖也は美羽とセックスをする裏で、一体何を考えているのか、まだまだ読めないですね。

 

秘め妻6巻ネタバレ・感想・あらすじ!まとめ

 

以上が「秘め妻」6巻のネタバレです♪

ついに靖也が美羽とセックスをすることになりましたね。

本当にこの一度きりになるのか、それともこの関係が続いていってしまうのか、まだまだわかりません。

慎にもバレなければいいのですが…。

随分と人間関係に進展が見られた「秘め妻」6巻でしたね。

秘め妻の全巻ネタバレが気になるという人はこちらもぜひみてみてくださいね。

 

\コミックシーモア先行配信中/

コミックシーモアでみてみる
▲▲「秘め妻」で検索▲▲