秘め妻5巻ネタバレ・漫画の感想!ひめづま・コミックシーモア

秘め妻5巻、ネタバレ、感想、あらすじ 漫画

 

今回ご紹介するのは「秘め妻(ひめづま)」5巻のネタバレ・感想です!

この「秘め妻」はonzum先生、作画がnaru先生のフルカラー青年漫画です。

人妻・友佳梨と関係を続けているうちに自信がついてきて母親との関係も好転してきた
自分の母親と上手くいかないままで、慎の母親に興味を示し始めた靖也

4巻ラストでは靖也が慎の母親に連絡をするところで終わっていました。

靖也はもっと距離を詰めていくのでしょうか?

それでは早速、「秘め妻」5巻のネタバレを感想・あらすじと一緒に紹介していきます♪

 

 

秘め妻5巻ネタバレ・感想・あらすじ

秘め妻5巻
画像出典 コミックシーモア

 

これまで靖也が選ばれていた塾の「特別講師」を今度は慎が務めることになります。

見下していたはずの慎が、どんどん自信をつけて仕事でも成功していくのが、靖也にとって面白いはずがありません。

 

そんな慎は相変わらず友佳梨と会ってセックスしていますが、そのときに母親から電話が掛かってきます。

友佳梨には相手の若そうな声の女は誰なのかと聞かれ、母親だと正直に答えますがそのときに友佳梨が「私と年齢が同じぐらい?」と尋ねたことで、慎は急に友佳梨と母を重ねて意識することに。

 

そして、靖也は再び慎の母親と2人で食事をすることになります。

美羽さん(みわ・慎の母親の名前が判明します)は魅力的だし、1人でいるなんてもったいない。自分が恋人になるのではどうかと迫り、しかも慎がまた外泊することになったのをいいことに酔った慎の母親を自宅に送ると言って、そのまま家に上がり込みました。

 

家では美羽に「どうして晴恵さん(はるえ・靖也の母親の名前が判明します)と仲良くないの?」と聞かれ、経済力があることしか取り柄のない父親と結婚するなんて理解できないから…と打ち明けます。

その後、靖也に促された美羽はシャワーを浴びにいきますが、シャワールームで靖也に言われたことが気になっている様子です。

美羽が、自分にはまだ女としての魅力があるのかなと考えている頃、靖也は立ち上がりどこかへ向かいます…。

 

秘め妻5巻 慎もやっぱり母親が好き?母親はどう思ってる?

 

自分は「人妻が好きなだけで、母親を意識しているわけではない」と自分に言い聞かせならが友佳梨とセックスしていましたが、友佳梨よりも母親との電話を優先したり、その後のセックスが激しめだったことを考えるとやっぱりなんだか怪しいな〜と思ってしまいます。

 

母親の美羽は、靖也から食事に呼び出されたときに勘違いして「慎と靖也と3人なのかな」と嬉しそうにしていますし、慎と仲直りできたことを喜んでいますが、読んでいる限りでは特に男として意識している感じではなさそう…?

ただ、これからどうなるかはわかりませんが…。

 

秘め妻5巻 靖也と慎の母親はどうなるの?

 

慎の母親の美羽と飲んでいる間、靖也はかなり意識しているように見えますが「好き」とはまた違っているような気がします。

実際のところはまだわかりませんが…。

靖也が美羽に近づく理由は何なのでしょう?

 

♡美羽が、自分の好きな「人妻」だから
♡自分への警戒心がなく、落としやすそうだから
♡慎に対する、ただのあてつけ

靖也は元々、人妻とは面倒がないように広く浅く…といったタイプのようですので
美羽が人妻だからという理由だけで近づいているようには思えません。

 

美羽を落としてセックスするような関係になるのでしょうか。

 

秘め妻5巻ネタバレ・感想・あらすじ!まとめ

 

以上が「秘め妻」5巻のネタバレと感想でした♪

先の読めない展開で、えっち要素抜きにしても(抜きにしたくありませんが…!)ストーリー漫画として充分に楽しめます。

靖也は美羽のシャワー中に、一体何をしようと企んでいるのでしょうか?
早く続きが読みたくなりますよね。

「秘め妻」5巻のネタバレはここまで!

秘め妻の全巻ネタバレが気になるという人はこちらもぜひみてみてくださいね。

 

\コミックシーモア先行配信中/

コミックシーモアでみてみる
▲▲「秘め妻」で検索▲▲